ストラッシュ

ストラッシュの解約はどうすればいいの?いくら返金される?

更新日:

どうしても止むを得ない事情で、いざ解約するとなった場合、どうしたらよいでしょうか?

「思ったほど脱毛効果を感じない」
「引っ越し先にストラッシュがなくて通えない」
「ほかのサロンの方が魅力的に感じた」
など、解約する理由もいろいろ。

ストラッシュを解約するのに2つの方法があります。

クーリング・オフをする(契約日から8日以内)
解約手続きをする

でも、

・クーリングオフってどうやるの?
・解約したら残額は返金されるんだよね?
・返金の手数料ってなに?

解約すると言っても流れがよくわからなかったり、難しい言葉でよく理解できないですよね。

また、どのくらい返金されるのかよく分からなかったりします。

ここではストラッシュの解約について分かりやすく解説させていただきます!

分かりにくいからといってあきらめないで、しっかりと解約のやり方を理解し、少しでも損しない方法でスムーズに解約する方法をお教えします。

契約してからまだ8日以内だったらクーリングオフをする!

クーリングオフしたらいいよ!なんて聞いたことあるけど、なんとなく知っているけど、実際にどうしたらいいのかよくわかっていない方も多いはず。

クーリングオフはどうすればいいの?

「脱毛は施術をうける前ならばクーリングオフをうけることができる。」
なんとなくこんなことを覚えている人は少なくないかと思います。

クーリングオフとは、どういう意味なのでしょうか?国民生活センターではこのように説明があります。

特定商取引法やその他の法律に定められた消費者を守る特別な制度です。クーリング・オフは、消費者が訪問販売などの不意打ち的な取引で契約したり、マルチ商法などの複雑でリスクが高い取引で契約したりした場合に、一定期間であれば無条件で、一方的に契約を解除できる制度です。
クーリング・オフ_国民生活センター

つまり、購入した側の味方になってくれる制度ということです。

ですが、クーリングオフには条件があり、

  • 契約日から8日以内
  • 契約金が5万円以上
  • 契約期間が一ヶ月以上

という条件があります。

クーリングオフは8日以内、期間を過ぎると中途解約になる

クーリングオフができるのは契約から8日間になります。

8日以内ならばクーリングオフ手続きを行うことで、契約自体を無効にすることができます。

契約解除通知書を作成し、内容証明郵便で契約解除の書面をストラッシュに送付することで、クーリングオフが適応されます。

例えば、4月1日に契約した場合は4月9日までがクーリングオフ期間になります。9日目からは施術を受けていなくとも「中途解約」にかわるので、通う前に契約を解除したい場合はその時点で即手続きを行っていくことが大事になります。

クレジット一括払いなどを利用した場合はクレジット会社にも同様のクーリングオフ手続を行うことになります。忘れないようにしましょう。

このとき、自分の手元にもコピーしたものを残しておくことも大事です。

8日目ギリギリになってしまった場合などはポストの投函よりも窓口で当日の消印を確実

押してもらうことで期間内の扱いになるので、急ぎの時は窓口の利用がベストと言えますね。

では、次に考えるべきなのは9日目以降や施術を受けてからの中途解約になります。

ストラッシュの中途解約の手順は?

ストラッシュの解約をしたい場合は、基本的には通っているサロンに電話などを入れてから解約手続きに入ることになります。

その場合はストラッシュのコールセンターに電話を入れて解約手続きに入ります。

ストラッシュのコールセンター「0120‐961‐678」

コールセンター経由の場合は店頭よりもスムーズに対応してもらえることや、解約の際にも無理な引止めなどがないので、コールセンターを利用した解約のほうがメンタル面の負担は少ないともいえます。

コールセンターで解約の手続きを行い、次に行うのは店頭での解約になります。

店頭での手続きは10分程度で完了!

これは店頭で書面の手続きを行うことで中途解約の成立になるので一度は店頭に行かなくてはいけません。

ですが、解約の下準備はコールセンターで解約手続きを行うことで出来ているので店頭での書面作成は10分程度のものになります。

店頭での引止めなどもコールセンターで解約手続きを行うことで回避できることが多く、店頭に解約手続きの予約などを入れてもスムーズに進行できます。

ストラッシュの解約準備に必要なものは?

ストラッシュの解約に必要なものは、

  • 印鑑(朱肉を使うものであれば認印でOK.シャチハタはNGです)
  • 本人の契約書(コースなどの記載されたもの)
  • 本人証明のための身分証明書(免許書や保険書、学生証など)
  • クレジット払いの場合はクレジットカード
  • 返金後の入金を希望する金融機関の通帳

になります。

この中で意外と無くしてしまっているのが契約書になります。

契約書が手元にある場合は持っていくことでより短時間で手続きを終わらせることができますが、もしない場合などは店頭で確認してもらうこともできます。

コールセンターに電話した際に契約書を紛失したことなどを先に伝えておいてもいいでしょう。

手続きを終えて書面を作成が終わったら2週間~1か月ほどで金融機関の口座のほうに返金が行われ、返金手続きが完了します。

金額などは通った回数と残りの回数などで変わってきます。

返金はされる?解約後の返金の計算について

違約金はかかりませんが、解約手数料として残金の10%か2万円のいずれかの安い方が退かれた金額の入金になります。

①総額の10%

②2万円

2万円の手数料がかかるのは残金が20万円以上の場合になりますので、多くの場合は2万円よりも10%の解約金が適応されると考えていいかもしれませんね。

例えば10回コース20万円として、3回通った後の解約は「20万÷10回×3回」がまずでてきます。

この時点で2万円×3回なので7回分の残金は14万円になります。

10%であれば1万4千円になり、2万円よりもこちらが安いので実際の返金金額は14万円-1万4千円で12万6千円になります。

手数料がかかる!と思う人もいるかもしれませんが、解約したほうが金額的におおめに返金になる場合は解約してしまったほうがいいと考えておくといいかもしれません。

プラン別の解約方法について

無制限コースは6回通ったら返金できない

ストラッシュでも返金対応ができないものがあります。

回数無制限コースで6回以上通った場合です。

6回以上通っている場合はある程度通ってしまったほうがお得になり無駄がないと考えてもいいかもしれません。

また、回数無制限プランの場合はストラッシュに通わない期間が8カ月以上出てくると自動解約が適応されてしまいます。

もし、8か月以上通えなくなりそうな場合には忘れずに契約延長の申請を行いましょう。

また、回数パックでも保証期間がすぎたものは自動解約されてしまい、返金を行えないので不安な場合は自動解約になっていかななどもコールセンターで確認してもらうことがベストになってきます。

月額制の場合いつでも解約できるが注意点も

月額制はいつでも解約できる、と考えがちですがちょっとした落とし穴があります。

月額は1か月前に解約を行わないと翌月分の料金を支払う必要が出てきます。

コールセンターに連絡した際に月額制であることを伝え、翌月の支払いが出ないように手続きを行うことで当月分のみの支払いになります。

月額制で解約したいと思った場合にはできるだけ早い段階での解約手続きを行うことが大事になります。

回数パックでは返金される金額が1万円以下なら通ったほうがお得

返金される金額が手数料を引いて少額の場合にはそのまま脱毛のコースやある程度の回数を通ってしまったほうがストラッシュはお得な場合があります。

必ずしも解約したほうがお得ということもなく回数無制限で6回以上通っている場合などは返金されないので通ってしまうか、店舗を移動してしまうなどがおすすめになります。

これはストラッシュに限りませんが、スタッフがどうしても合わないなどは脱毛サロンに多いトラブルであり、解約をしたいけれども回数的にもうすこしで脱毛が終わる、という場合は近隣の別店舗などに移動してしまって脱毛を完了したほうが返金よりもお得になります。

ストラッシュの解約に関するよくある質問

解約の理由は個人で違ってきますが、本当は解約したくないけれども解約せざるを得ないと考える人も中にはいるでしょう。

ココではいくつかのよくある事例をとりあげていきますね。

解約しなうほうがお得な場合もストラッシュでは多くあるので、対応策を知っておくだけでも選択肢が大きく違ってきます。

妊娠して通えなくなったけど解約したほうがいい?

妊娠中はもちろんですが、産後もしばらくは脱毛ができなくなりますよね。

妊娠で脱毛の持続ができなくなり解約ということも他のサロンなどでは多くありますがストラッシュは「契約延長」があるのです。

これは妊娠したことを通っている店舗に伝え、脱毛に通えなくなること伝えることで契約を延長し、自動解約を防止することができます。

出産後の育児が落ち着いてからもう一度店舗に連絡を入れることで脱毛の再開も簡単にOK。

妊娠中などは無理に脱毛をせずに延長手続きをすることで解約をしなくても済むものストラッシュのうれしい部分の一つですね。

ローン組んでるけども解約できる?

ローンを組んでいる場合でも解約ができます。

この場合は解約後でもローンが残っている状態になるので、ローンの残金が返金額でカバーできない場合は少し加算して一括返済などでローンを解消することもできると考えていいかもしれません。

一括返済を行う場合にはローンを組んでいるクレジット会社に電話連絡を行い、残金をクレジット会社の指定口座に振り込むことで残金の完済になります。

ただ、残金を100%返金でカバーできることはあまりありません。

すこし自分が負担することは仕方ないと考えておくことも大事です。

郵送での返金はできるの?

ストラッシュの解約は基本的には口座振り込みになります。

郵送で受け取ることは出ないと考えていた方がいいかもしれません。

返金までの流れは

① 店舗で解約手続きを行う

② 指定した口座に2週間ほどで返金が振り込まれる

になります。

もし2週間以上たっても返金が行われない場合は一度店舗かコールセンターに連絡を入れたほうがいいでしょう。

まとめ

いくつかの注意点はありますがストラッシュの解約はコールセンターを経由することでかなりスムーズに進むことも特徴の一つです。

コールセンターでの手続きのあとは店頭に解約手続きの予約を入れ、必要なものを持参していくだけで書面の作成は10分程度で終ります。

即日の返金などはありませんが2週~1か月ほどで残金の返金が行われるのでどうしても解約しなければいけない場合でもトラブルなどは少なく解約できると考えてもいいかもしれません。

解約での返金が必ずしもお得ということはないので、上記の内容を比較してみて自分にとってどちらがいいのかを選ぶことや、返金はなくとも書面で解約をきちんと行いたいなどの場合でも解約手続きの手順を覚えておくことでスムーズな解約に繋がります。

-ストラッシュ

© 2021 スラリカ~美容とボディメイクと女子力UP~ Powered by AFFINGER5